アンダーヘアにトリートメントって必要?

アンダーヘアにトリートメントって必要?

 

アンダーヘアを処理して少し経つと、チクチクとして、かゆみが出た経験、ありませんか?剃るほど長くもないし、抜くのも追いつかないと放置しているうちに、かゆみが起きてしまって、かける場所じゃないしムズムズ…なんてケースも。なかには、「彼とのラブタイム中に痒くなってしまい、まったく集中できなくなってしまった」という、笑えない実体験をお持ちの方もいるようです。そこでおすすめなのが、アンダーヘアのトリートメントケアです。

■チクチク・剛毛アンダーヘアの原因は?

チクチクする原因は、アンダーヘアの処理方法にあります。ハサミやカミソリでアンダーヘアを処理すると、毛先が尖ってしまい、チクチクした触り心地になってしまうのです。

また、日本人のアンダーヘアが太くてしっかりした毛質であることも剛毛に見える原因のひとつ。それに加え、アンダーヘアは黒く縮れているため、触り心地もゴワゴワと感じがちです。

縮れた濃くて太いアンダーヘアは、下着から突き出てきたり、パサついたり、ゴワゴワしたりと大変。そんなときは、アンダーヘアをトリートメントしましょう!

■「アンダーヘアにトリートメント」メリットは?

髪の毛をしっとりさせたいとき、トリートメントを使ってケアしている方も多いはず。アンダーヘアも髪の毛と同じ「毛」ですので、トリートメントを使用すると次のようなメリットを感じるはずです。

○チクチクを感じにくくなる

下着を突き抜けてしまうほど濃くて太いアンダーヘア。特に、自己処理から数日経ったアンダーヘアは先端が尖っていることが多く、下着からはみ出してしまうことも。アンダーヘアにトリートメントをすれば、毛がふんわりやわらかくなり、下着を突き抜けたり、チクチクを感じることが減りますよ。

○アンダーヘアにトリートメントって必要?

アンダーヘアを処理して少し経つと、チクチクとして、かゆみが出た経験、ありませんか?剃るほど長くもないし、抜くのも追いつかないと放置しているうちに、かゆみが起きてしまって、かける場所じゃないしムズムズ…なんてケースも。なかには、「彼とのラブタイム中に痒くなってしまい、まったく集中できなくなってしまった」という、笑えない実体験をお持ちの方もいるようです。そこでおすすめなのが、アンダーヘアのトリートメントケアです。

■チクチク・剛毛アンダーヘアの原因は?

チクチクする原因は、アンダーヘアの処理方法にあります。ハサミやカミソリでアンダーヘアを処理すると、毛先が尖ってしまい、チクチクした触り心地になってしまうのです。

また、日本人のアンダーヘアが太くてしっかりした毛質であることも剛毛に見える原因のひとつ。それに加え、アンダーヘアは黒く縮れているため、触り心地もゴワゴワと感じがちです。

縮れた濃くて太いアンダーヘアは、下着から突き出てきたり、パサついたり、ゴワゴワしたりと大変。そんなときは、アンダーヘアをトリートメントしましょう!

■「アンダーヘアにトリートメント」メリットは?

髪の毛をしっとりさせたいとき、トリートメントを使ってケアしている方も多いはず。アンダーヘアも髪の毛と同じ「毛」ですので、トリートメントを使用すると次のようなメリットを感じるはずです。

○チクチクを感じにくくなる

下着を突き抜けてしまうほど濃くて太いアンダーヘア。特に、自己処理から数日経ったアンダーヘアは先端が尖っていることが多く、下着からはみ出してしまうことも。アンダーヘアにトリートメントをすれば、毛がふんわりやわらかくなり、下着を突き抜けたり、チクチクを感じることが減りますよ。

○下着の中がすっきり!

アンダーヘアが縮れていると、下着を脱いだときのデリケートゾーンが黒々と目立ってしまい、ゴワゴワ、ボサボサな印象を与えてしまうことも。下着を身に着けてしても、四方八方へと広がるアンダーヘアのせいで、ショーツがもっこり見えてしまったり…。

アンダーヘアをトリートメントすることで、毛のボリュームをダウンすることができるので、脱いだ時も下着姿もすっきりした印象に!女性らしい主張しすぎないアンダーヘアは男性からも好評です。

とはいえ、髪の毛用のトリートメントは刺激が強すぎるので使用は避けたほうがよさそうです。デリケートな部分に使用できるよう、自然派の植物を中心に配合されている、肌にやさしい「アンダーヘア用トリートメント」を選んで使用してくださいね。

■アンダーヘア用トリートメントを使ったケア方法

アンダーヘア用のトリートメントには大きくみて2つの種類があります。1つ目は、洗い流すパックタイプのトリートメント。2つ目は洗い流さないタイプのトリートメントです。

それでは早速、それぞれのケア方法見ていきましょう。

○パックタイプ

お風呂でデリケートゾーンを清潔な状態にしたら、毛先までしっかりとトリートメント剤をなじませ、その製品の使用方法に従って数分置きます。指定の時間になったら、優しく洗い流しましょう。アンダーヘア11本をやわらかく、しなやかにしてくれるので、ゴワつき感がなくなり、下着のこすれによるチクチク感からも開放されるはずですよ。

○洗い流さないタイプ

こちらは、お風呂上りにアンダーヘアになじませます。毎日の積み重ねで毛質をやわらかくするものですので、毎日続けることが大切!お風呂上りや、お出かけ前に、アウトバストリートメントを髪の毛につける方も多いと思いますが、それと同じように使ってくださいね。

理想的な使い方としては、洗い流すタイプのトリートメントパックは週に12回、洗い流さないタイプのトリートメントは毎日のケアとして使うのがベストです。アンダーヘアも髪の毛と同じようにケアして触り心地の良い毛質に変えていきましょう。

アンダーヘアの長さを整えても、「毛」自体の触り心地が悪いと本末転倒ですよね。そんなときは、ぜひアンダーヘアトリートメントを使ってみてください。やわらかでしなやかな触り心地に、ビックリされるはずですよ。

○下着の中がすっきり!

アンダーヘアが縮れていると、下着を脱いだときのデリケートゾーンが黒々と目立ってしまい、ゴワゴワ、ボサボサな印象を与えてしまうことも。下着を身に着けてしても、四方八方へと広がるアンダーヘアのせいで、ショーツがもっこり見えてしまったり…。

アンダーヘアをトリートメントすることで、毛のボリュームをダウンすることができるので、脱いだ時も下着姿もすっきりした印象に!女性らしい主張しすぎないアンダーヘアは男性からも好評です。

とはいえ、髪の毛用のトリートメントは刺激が強すぎるので使用は避けたほうがよさそうです。デリケートな部分に使用できるよう、自然派の植物を中心に配合されている、肌にやさしい「アンダーヘア用トリートメント」を選んで使用してくださいね。

■アンダーヘア用トリートメントを使ったケア方法

アンダーヘア用のトリートメントには大きくみて2つの種類があります。1つ目は、洗い流すパックタイプのトリートメント。2つ目は洗い流さないタイプのトリートメントです。

それでは早速、それぞれのケア方法見ていきましょう。

○パックタイプ

お風呂でデリケートゾーンを清潔な状態にしたら、毛先までしっかりとトリートメント剤なじませ、その製品の使用方法に従って数分置きます。指定の時間になったら、優しく洗い流しましょう。アンダーヘア11本をやわらかく、しなやかにしてくれるので、ゴワつき感がなくなり、下着のこすれによるチクチク感からも開放されるはずですよ。

○洗い流さないタイプ

こちらは、お風呂上りにアンダーヘアになじませます。毎日の積み重ねで毛質をやわらかくするものですので、毎日続けることが大切!お風呂上りや、お出かけ前に、アウトバストリートメントを髪の毛につける方も多いと思いますが、それと同じように使ってくださいね。

理想的な使い方としては、洗い流すタイプのトリートメントパックは週に12回、洗い流さないタイプのトリートメントは毎日のケアとして使うのがベストです。アンダーヘアも髪の毛と同じようにケアして触り心地の良い毛質に変えていきましょう。

アンダーヘアの長さを整えても、「毛」自体の触り心地が悪いと本末転倒ですよね。そんなときは、ぜひアンダーヘアトリートメントを使ってみてください。やわらかでしなやかな触り心地に、ビックリされるはずですよ。

CATEGORIESカテゴリーから記事を探す