ヒートカッターでのアンダーヘアケア対策

ヒートカッターでのアンダーヘアケア対策

 

処理することが当たり前になりつつあるアンダーヘア。カミソリを使って、処理をしたことのある女性も多いのではないでしょうか。しかし、カミソリで処理をすると、毛先がチクチクしてしまい、触り心地が悪くなるだけなく、肌を刺激するかゆみの原因になってしまうことも…。そこで、今回おすすめするのが「ヒートカッター」です。使い方や注意点をおさえて、理想のアンダーヘアを手に入れましょう。

■チクチクの原因はカミソリだった!?

アンダーヘアのお手入れによく用いられるカミソリですが、チクチクを生み出しているのは、実はこのカミソリが原因。通常、毛は先端にいくにつれて細くなっています。そのため、本来ならチクチクしないのですが、鋭利な刃物で短く剃ってしまうと、断面が太くなってしまい、チクチクとした肌触りになってしまうのです。とくにデリケートゾーンは、他の部位よりも皮膚が薄く敏感な部分ですので、余計にチクチクを感じがち…。毛先がチクチクしていると、下着から突き抜けてしまったり、手触りが悪くなったりするだけでなく、かゆみや炎症を招いてしまうこともあるのです。

■ヒートカッターってなに?使うメリット

カミソリの代わりに使っていただきたいのが、「ヒートカッター」です。その名のとおり、熱を使ってアンダーヘアの処理をするこのアイテムなら、毛先を丸く処理できるので、毛先がチクチクすることもなく、きれいなアンダーヘアに仕上げることができますよ。

・ヒートカッターってどんなもの?

ヒートカッターは、先端がコーム(くし)になっており、コームの奥に熱の導線が設置されています。電源を入れると導線に熱が伝わり、その熱で毛をカットすることができます。Vライン用、Iライン用と種類があるのでよりキレイに整えたい方は、2種類用意しておくと便利です。

・ヒートカッターを使うことのメリット

ヒートカッターのメリットは、なんといっても熱によってカットすることにより、毛の先端を丸め、ふんわり仕上げられることです。毛が肌に触れても、チクチクすることがないのでデリケートゾーンのトラブルを最小限に抑えることができます。

■ヒートカッターを使用した最適なアンダーヘアケア方法

それでは、ヒートカッターを使って、上手にアンダーヘアケアを行う方法をご紹介しましょう。熱を使ってカットするので、やけどに注意して正しく使ってくださいね。

・ヒートカッターの正しい使い方手順

始めに乾電池を入れて電源を付けます。(直接電源につなげるタイプのものもあります)カットしたい部分の毛を、少量ずつ摘まんで、痛くない程度に毛をピンと張ったところで、コームを入れます。最初は、肌から1cm以上距離をとってコームを入れると火傷の心配もなく安全です。慣れてきたら、好きな長さにカットしましょう。毛量が多い方は短めに、薄い方は少し長めにふんわり感を残すと自然な仕上がりになります。

・ヒートカッターを使う際の注意点

ヒートカッターを使う際、一番に注意してほしいのが火傷です。毛を短くカットする場合はより注意するようにしましょう。逆に、毛が濡れていると、熱の力が伝わりにくくなるので、毛が乾いた状態でケアしてくださいね。また、ヒートカッターを使うと、カミソリと違い少し時間がかかります。多めに毛束を取りたくなるところですが、無理に押し当てたりすれば導線が壊れてしまったり、毛穴に負担をかけたりしてしまうので、できるだけ少ない毛束でカットしましょう。使い終わったヒートカッターは、水洗いは禁物です。専用のブラシが付属されている場合はブラシで、ない場合は綿棒などでお手入れして、清潔な状態で保管してくださいね。

■まとめ

いかがでしたか?チクチクするアンダーヘアを気にしている方は、意外と多いはずです。ぜひみなさんも、アンダーヘアの処理にヒートカッターを取り入れてみませんか?

CATEGORIESカテゴリーから記事を探す