買う前に見ておくべき!脱毛クリームの選び方

買う前に見ておくべき!脱毛クリームの選び方

 

アンダーヘアのお手入れ法のひとつに、脱毛クリームを使ったお手入れ法があります。普段から使われている方も多いかと思いますが、アンダーヘアへの脱毛クリームの使用は、かゆみや炎症といったトラブルを起こしやすいので、使う際にはいろいろ気をつけておきたいところ。そこで、今回は、脱毛クリームのメリットとデメリット、クリームを使った場合の正しい処理方法をご紹介しましょう。

■脱毛クリームのメリット

アンダーヘアのお手入れに限らず、脱毛クリームはメリットの多いお手入れ法です。なんといっても、塗ってしばらく時間をおいてから洗い流すだけなので、とてもお手軽。カミソリやヒートカッターなどを使った場合、誤って傷をつけてしまったり、熱傷をしてしまう危険もありますが、脱毛クリームなら、刃も熱もありませんので、その心配もありません。

また、アンダーヘアの処理を自分で行う場合、最も厄介なのが、自分では見えにくい部位のお手入れ。しかし、脱毛クリームなら、デリケートゾーン全体をケアすることができるため、時間も手間もかけずに、処理をすることができます。

■脱毛クリームのデメリット

一方で、脱毛クリームにはデメリットも存在します。脱毛クリームは、毛を溶かして処理をする方法のため、肌が敏感な方は脱毛クリームの刺激が、かゆみや炎症といった肌トラブルにつながりやすいのです。

また、敏感肌ではないとしても、Iラインやデリケートな粘膜部分は、避けるほうが無難です。また、処理する毛が太くて硬い場合は、産毛へ使った場合よりも実感が薄くなってしまいますのでこの点も注意が必要です。

■脱毛クリームの種類

塗るタイプの脱毛クリームにはいくつか種類があげられます。各クリームの特徴をみていきましょう。

・脱毛クリーム

毛を溶かして洗い流す方法です。少しツンとしたニオイが気になりますが、他の脱毛方法と比べ、痛みが無いのが特徴です。

・脱毛ワックス

とろみのある液体をつけ、その液体が固まるのを待った後、毛も一緒に引き抜くという方法です。毛を引き抜くので、かなりの痛みがあります。敏感肌や皮膚が薄い方にも不向きです。

・脱毛ジェル

一般的な脱毛クリーム同様に、生えている毛を溶かすタイプの脱毛材ですが、毛を溶かすとともに、毛根に浸透し発毛を抑制する効果もある脱毛クリームです。

■脱毛クリームを選ぶ時のポイント

アンダーヘアのお手入れで使う脱毛クリームを使う際は、なんといっても、肌へのダメージの少ないものを選ぶのがおすすめです。美容成分が配合された脱毛クリームですと、保湿効果や美肌効果も期待できます。

成分によっては、お肌に合うものと合わないものがありますので、事前にパッチテストを行いましょう。手間に感じるかもしれませんが、Vラインの端のほうに、10円玉程度の範囲に、少し塗布し、絆創膏などを貼ります。半日ほどかけて、お肌に異常がでないかどうかを確認してみましょう。

また、刺激が少なすぎる脱毛クリームの場合、1回で脱毛が終わらず、複数回使わなければいけないことも。短期間に繰り返し使うと、肌への負担が余計に大きくなってしまいます。肌の負担を考えても、10分以内にしっかり根元から脱毛できるクリームを選ぶことが大切です。

脱毛クリームには、さまざまな種類のものが販売されていますが、肌への刺激と隣り合わせのため、どの脱毛クリームを選ぶかがとても大切です。抑えておきたいポイントは、脱毛が1回で終わるものと、美容成分が配合されているものを選ぶこと!

また、使用する前には肌との相性を確認し、使用後はしっかり保湿するなど、使用前後のケアを忘れずに行うことも、トラブルを回避する上で重要です。

CATEGORIESカテゴリーから記事を探す