【解決】高反発まくらのデメリットやメリットは?【おすすめの高反発まくらまで紹介】

 

こんにちは、ナオキです!(@Naoki_oyasumi

同僚くん

高反発まくらが良いって聞いたけど、デメリットもあるんでしょ?

今日はこんな疑問を答えていきます。

 

高反発まくらって聞くと、なんだか「硬い!痛い!」っていうイメージが湧くと思いますが、

そんなことはありません。

高反発まくらは、睡眠にとって重要な「寝返りのしやすさ」が良く、肩こりや首のハリにも効果的です。

 

しかし、メリットもある故、デメリットも存在します。

☑本記事の内容
  • 高反発まくらメリット・デメリット
  • おすすめの高反発まくら

今回は、睡眠に3年悩み続けた私が「高反発まくらの選び方と、デメリット、そしてオススメの高反発まくら」までお話していきます。

高反発まくらの素材とは?

高反発まくらの素材とは?

高反発まくらの素材から、主に3つに分けられます。

どの素材も一長一短で、メリット・デメリットがあります。

ここをそんなに深堀してもしょうがないと思うので、軽くおさらいする程度にしていきましょう。

高反発ファイバー

ファイバーで、繊維質なので、通気性が非常にいいのが特徴です。

特徴

  • 通気性がバツグン
  • 寝返りを妨げない程よい反発力
  • 水洗いできる

ファイバーということもあり、通気性がよく、まくらにこもりやすい熱気を逃がしてくれます。

また、ほかの素材にはないとして、「水洗いができる」という点もあり、衛生的に長く使い続けられる素材ですね。

 

ちなみに、今ロンブーの敦さんがオススメして話題沸騰中のまくら、「ブレインスリープピロー」も高反発ファイバーを使用しています。

サバンナの高橋さんも「めちゃめちゃイイよ!」と絶賛しているので、

高反発ファイバーは睡眠に悩める人にいい素材だということが分かりますね。

高反発ラテックス

ラテックスとは、いわゆる「ゴム素材」のことです。

特徴

  • 通気性がイイ
  • 汚れにくく長持ちする
  • 弾力性があり寝返りしやすい

ラテックスは、高反発といいつつも、柔らかく、ゴムのような反発力があります。

高反発とクッション性を兼ね備えているため、愛用者も多い。

弾力性により、「寝返りのしやすさ」も優れ、非常にバランスのとれた素材。

高反発ウレタン

他の高反発素材とは違い、やわらかくてクッション性のある質感が特徴的です。

特徴

  • 寝返りがしやすい
  • フィット感があり程よい硬さ
  • 長持ちする

低反発のウレタンは、季節によって使い心地が変わらないのに対し、高反発ウレタンは季節問わず質感が変わらないので、一年中快適に使うことができます。

ウレタンは多くのまくらで使用されているので、なじみ深く「寝心地がいい」と感じられると思います。

高反発まくらのメリット・デメリット

高反発まくらのメリット・デメリット

さて低反発まくらとは、対照的な高反発まくら。

どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

高反発まくらのメリット

メリット

  • 寝返りがしやすい
  • 通気性がイイ
  • 首や頭をしっかり支えられる
  • 温度によって寝心地が変わらない
  • 長持ちしやすい
  • ものによっては洗濯できる

高反発まくらは、適度な硬さで頭が沈み込むことないので「寝返りがしやすい」まくらです。

しっかりと首や肩をサポートしてくれるので、首コリ・肩コリに悩む人にもオススメでき、通気性も悪くなく、夏でも冬でも一年を通して活躍してくれるので、

どんな人にでもオススメできるまくらですね。

素材がしっかりとしているため、ヘタりづらく、まくらの寿命も長いので、コストパフォーマンスもいいです。

高反発まくらのデメリット

デメリット

  • 人によっては固いと感じる
  • まくらの高さが合わないと体に負担がかかる

高反発なために、低反発のまくらほどの「やわらかさ、寝心地の良さ」は期待できません。

ですが、決して寝心地が悪いというわけではなく、むしろ丁度いい硬さだと感じる人もいるでしょう。

 

そして高反発まくらの注意しなければならない点は「まくらの高さ」です。

高反発まくらで、高さが合っていないと、首や肩回りに負担を書けてしまい、「首や肩のコリ、頭痛」を引き起こしてしまうので、注意が必要になります。

自分にしっかりとあった高さを調整しましょう。

高反発まくらをおすすめできる人

高反発まくらをおすすめできる人

低反発まくらをオススメできる人とは、対照的になっていると思います。

  • 寝返りを重視したい人
  • 肩コリ・首コリに悩んでいる人
  • よく寝汗をかいてしまう

高反発まくらには、適度な弾力があるため、寝返りをスムーズに行うことができます。

やわらかすぎないため「正しい寝姿勢」がキープできるため、首・肩こりに負担をかけることなく、いい睡眠をとることができます。

正しい高反発まくらの選び方

正しい高反発まくらの選び方

高反発まくらだけに言えることではなく、

まくら選びにおいて「2つのポイント」をしっかり守れば、失敗しないまくら選びをすることができます。

  • 寝返りがしやすい
  • 自分に合った高さ

では、この2つのポイントについてくわしく解説していきます。

寝返りがしやすい

まくら選びで考慮しなければならないポイントは「寝返りのしやすさ」です。

この考えは私だけではなく、日本睡眠学会所属医師の「坪田聡」さんも同じことをおっしゃっています。

寝返りが、身体の血液やリンパ液を、循環させ血行を良くし、筋肉の疲労も回復してくれます。

また寝返りは、浅い睡眠(レム睡眠)の時に行なわれるため、寝返りがしずらいまくらを使用していると、睡眠の途中で起きてしまいます。

ですので、まくらで一番考慮すべき点は「寝返りのしやすさ」です。

自分に合った高さ

自分に合わないまくらを使うと、さまざまな悪い影響を引き起こします。

悪い影響

  • 肩・首コリ
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 睡眠の質低下

などの障害を引き起こすリスクが上がります。

逆に、これらに悩んでいるのなら「まくらの高さを合わせるだけで改善」されることもあります。

 

私も以前、ものすごく高さがあるまくら(15cmくらい)を使っていた時期がありましたが、「首コリ」が酷かった記憶があります。

しかし、まくらを見なおしてからは「首コリ」が改善され、症状がなくなりました。

おすすめの高反発まくら

高反発まくらは、いろいろありますが、私がオススメするのは、この2つだけです。

ブレインスリープピロー

効果・効能
  • 体格によって枕の高さを選べる
  • スタンフォード式最高の睡眠の著者 西野精治さん監修
  • 睡眠における一番重要な「最初の90分」にこだわった枕
  • 他の枕よりも圧倒的な熱放出量
  • 3Dループで独自の「3×5構造」
  • 3レイヤー構造で最高レベルのフィット感
価格33,000円(税込み)
実績
  • スタンフォード式睡眠
  • メディアに多数掲載
  • 30日間トライアル実施中

適度な硬さで、寝返りがしやすく「朝までぐっすり」眠れたという、口コミが多くありました。

>>クリックして公式サイトへ

モットン

効果・効能
  • 自然な寝返りをサポート
  • 頸椎を支える設計
  • 体圧分散性で首の負担減
  • 8万回の耐久試験実施
  • 通気性抜群
  • 他の枕とは一線を画す新感覚の寝心地
価格17,800円(税込み)
実績
  • お客様満足度 91.4%
  • 楽天ランキング 第1位
  • 累計10万本突破
  • 球界のレジェンド山本昌さんも絶賛

これを見ても、モットンについてよくわからない方は、とにかく肩こり・いびきにすごい枕という事だけ理解できればOKです。

>>クリックして公式サイトへ

さいごに

まとめ

いかがでしょうか。

最後に高反発まくらのメリット・デメリットをまとめておきます。

メリット

  • 寝返りがしやすい
  • 通気性がイイ
  • 首や頭をしっかり支えられる
  • 温度によって寝心地が変わらない
  • 長持ちしやすい
  • ものによっては洗濯できる

デメリット

  • 人によっては固いと感じる
  • まくらの高さが合わないと体に負担がかかる

メリット・デメリットをしっかり理解した上で、「自分に合った最高のまくら」を見つけていきましょう!

 

今回はここまで。

あなたの睡眠がもっと良くなりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です