【正直に言う】ブレインスリープピローはステマ?考察&購入しての感想レビュー!

 

「ブレインスリープピローがすごいぃぃ!!!」

「脳が眠る!!!」

と、芸能人が宣伝していて、実際どうなのか気になりますよね。

「脳が眠るってなんやねん」と思いつつも、我慢しきれずブレインスリープピローを買っちゃいました。

 

そこで本記事では、ブレインスリープピローがステマかどうか、私の意見を述べつつ、1カ月使ってみた感想をシェアします。

決して安くないまくらですし、私の”正直なレビュー”を参考にして、失敗しない買い物にしていただければと思います。

メリットだけではなくデメリットも紹介して、客観的に判断できるように心がけます。

ブレインスリープピローはステマなのか?

ステマ(ステルスマーケティング)とは、「消費者に広告ではないと装って販売促進をすること」です。

最近は芸能人やモデルを使って、SNSで商品のレビューをしてもらう形が多いですね。

ステマ

 

んで、本題。

「ブレインスリープピローはステマなのか?」という件ですが…。

あくまで個人的な意見ですが、私は間違いなくステマだと思っています。

ブレインスリープピローは、明らかに有名人絡みが多すぎるので、ほぼクロであると言っていいでしょう。

 

しかし、見るべきポイントは「商品の質」です。

ステマだと言って一蹴してしまうのは、もったいないことだと思います。

てことで、ブレインスリープピローを実際に買ってみました。

ブレインスリープピローを1カ月間使ってみた感想

1カ月間使ってみた感想

1カ月使ってみての結論、ブレインスリープピローはいいまくらでした。

最初の1週間は、しっくりきていませんでしたが、段々と馴染んできて気持ちよく眠れました。

個人的に良いと思ったポイント

  • 寝返りしやすい
  • 非常に軽い
  • 通気性がバツグン(梅雨~夏にピッタリ)
  • 水洗い可能
  • 30日間サイズ交換できる

この中でも「通気性がバツグン」という点が、ブレインスリープピローの最大の武器です。

数々のまくらを使ってきた私も、ブレインスリープピローの通気性の良さはトップクラスと言い切れます。

日本は世界の国と比べても、湿気が多くジメジメしています。

ブレインスリープピローは通気性が良く、水洗い可能で衛生的に使い続けられるので、日本の夏にピッタリです。

ネット上の誇大広告に注意!

「このまくらを使ってから劇的に眠れるようになった!!!」

「まさに脳が眠っている!って感じで、朝までぐっすり!!!」

という風に、広告収入目当てで、事実以上に効果を盛っていることが見受けられます。(芸能人含め)

 

確かにまくらで、睡眠を改善されることもありますが、あくまで一因に過ぎません。

睡眠はまくらだけでなく、生活習慣や運動によっても左右されます。

「まくらを変えただけで劇的に〇〇!!」という誇大広告に気をつけましょう。

ブレインスリープピローのメリット

ブレインスリープピローの実際に買ってみてのメリットを紹介します。

参考にどうぞ。

今までにない「空気感」がある寝心地

寝心地は悪くない

数多くのまくらを買い漁ってきた私ですが、このまくらの寝心地は今までにありませんでした。

高反発ファイバーの弾力と、空気を含んだようなクッション感。

全体的には、低反発というわけではなく、程よく押し返してくれる反発力です。

 

これは、3.8Lのペットボトルを押し付けてみた動画です。

程よく、反発してくれているのが分かりますね。

寝返りのしやすさはGOOD

ブレインスリープピローに、最初に寝てみて思ったことが、

「寝返りがしやすい」ということでした。

適度な硬さと弾力が、頭の動きをスムーズにしてくれて、一切負担なく寝返りすることができました。

 

まくら選びに、いろいろ考慮すべきポイントはありますが、

結局、まくら選びで一番大切なポイントは「寝返りのしやすさ」です。

これは、日本睡眠学会所属医師の「坪田聡」さんもおっしゃっていることです。

通気性が非常に良い

通気性が非常に良い

上記の通り、ブレインスリープピローは「高反発ファイバー」を使用しているため、通気性が非常に良いです。

これまで数々のまくらを使ってきましたが、通気性は「トップクラス」です。

梅雨やあっつい夏に、ジメジメと不快な思いをしない「涼しげなまくら」です。

 

人間の睡眠は、頭の温度を下げるのが良いと考えられています。

そのため、通気性の良さも「睡眠の質UP」に繋がりますね。

「横幅60cm、縦幅35cm」の大きさで安定感がある

大きさがあって安定感がある

まくらが大きいと、けっこうな安定感があります。

具体的な数字でいうと、「横幅60cm、縦幅35cm」です。

(ティッシュ箱を比較材料に置きました。)

大きくゆとりがあるので、寝返りも大胆にすることができます。

衛生的に使い続けられる

大きさがあって安定感がある

ウレタンのまくらは通気性が良くないので、梅雨などの湿気が多い時期にカビが生えることもありあます。そばがらは、虫が湧いてしまうさえあります。

ブレインスリープピローは、通気性が良くむき出しの状態なので、カビや虫の心配はありません。

キレイな状態を保てるのは、個人的には嬉しい点でした。

水洗いできるのはありがたい

水洗いできるのはありがたい

水洗いできるまくらは数少ないです。

まくらは年を重ねるごとに、汚れがたまっていくのが普通でした。

しかしブレインスリープピローは、水洗いできるので衛生的に使い続けられます。

他のまくらは、どれも水洗いできないので、ここはブレインスリープピローの大きな武器ですね。

ブレインスリープピローのデメリット

ブレインスリープピローはいい点もありましたが、悪い点もありました。

価格「33,000円」で高い

ナオキ
ブレインスリープピロー高いです。

まくらはピンキリで、せいぜい高くとも2万円台くらいでしたが、ブレインスリープピローは「33,000円」です。

いいまくらであることは間違いのですが、手を出しづらい価格ですよね。

クーポンなどを利用して、少しでも安く購入したいですね。

見た目が春雨みたい

見た目が春雨みたい
(左:ブレインスリープピロー 右:春雨)

完全に一致。

これはデメリットというデメリットではないのですが、

まくらが春雨に激似。

「高いお金を出して、春雨をまくらにしている!」という心理的なものですね。

まぁこれはあくまで個人の感想なので、まくらの品質にはなんの関係もないです。(笑)

すぐにヘタる

すぐにヘタりそう

ブレインスリープピローは、とりあえず一週間使えば自分の頭にピッタリの形のまくらになってくれるものですが、

裏を返せば、長く使えば使うほど「ヘタりやすい」ということになります。

なので、耐久性には期待しない方がいいですね。

※追記です。

ブレインスリープピローは、ヘタりを戻せるらしいです。

ブレインスリープピローがオススメできる人、買うべきでない人

ブレインスリープピローを買うべきでない人、オススメな人を私なりに考えてみました。

こんな人にオススメ!

  • ”脳が眠る”体感してみたい
  • 夏のジメジメ感を解消させたい
  • 枕を衛生的に使いたい

こんな人にはオススメできない

  • まくらに3万円も出せない
  • ステマに腹が立つ
  • 現状の睡眠に満足している

ブレインスリープピローにこだわらなければ、別のものを検討するのもありです。私の選んだ「安眠まくらランキング」を参考にどうぞ。

結論:ステマだけど良いまくらだった

いかがでしょうか。

最後にブレインスリープピローのメリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • 今までにない「空気感」がある寝心地
  • 寝返りのしやすさはGOOD
  • 通気性が非常に良い
  • 「横幅60cm、縦幅35cm」の大きさで安定感がある
  • 衛生的に使い続けられる
  • 水洗いできるのはありがたい

デメリット

  • 価格「33,000円」で高い
  • 見た目が春雨みたい
  • すぐにヘタりそう

ブレインスリープピローは、「寝返りのしやすさ、通気性」をカバーしているため、誰にでも合うまくらだと言えます。

ステマを疑いますが、いいまくらであることは間違いなかったです。

しっかりと検討したうえで、ご決断を。

安く購入する方法については「【安く買う】ブレインスリープピローの最安値は?クーポンやキャンペーンを有効活用しよう!」で解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です