睡眠の質を爆上げするたった1つの方法【すぐできる】

睡眠の質を上げるにはどうしたらいいの?

今回はこんな疑問に答えていきたいと思います。

本記事の内容

  • 脳にベット=睡眠と認識させる
  • ベットの上でスマホや読書はしない
  • ベットの上には何も置かない

睡眠の質は、あることを実行するだけで劇的に変わってきます。

私も実行してから、朝すっきりです。

睡眠の質を爆上げする方法

睡眠の質を爆上げする方法
  • 脳にベット=睡眠と認識させる
  • ベットの上でスマホや読書はしない
  • ベットの上には何も置かない

脳にベット=寝る場所と認識させる

ベットの上ってすごく気持ちいいですよね。(笑)

ですが、ベットで寝ること以外のことをすると、睡眠の質が下がってしまいます。

なぜなら、人間は「場所」と「行為」をセットで記憶しているからです。

これは睡眠だけに言えることではありません。

勉強だって同じで。

図書館なら、本を読む勉強するなど、「図書館=集中する場所」として脳にインプットされています。

逆に家だと、読書や勉強をしようとすると、テレビが気になっちゃったり、ゲームやったり、ついには眠くなってしまったりして、集中できないことありますよね?

これは睡眠にも言えることで、

ベットの上でスマホや読書をすると、

本来の睡眠の目的とは別に、脳が「ベットの上=だらだらする場所」と認識して、スムーズに睡眠に入れなくなってしまうんです。

対処法は、ベットの上で寝ること以外のことをしなければいいだけです。

これだけで睡眠の質は向上できます。簡単ですよね?

ベットの上でスマホや読書はしない

じゃあ寝る前にスマホがしたくなったらどうするの?

もちろん、寝る前にスマホをするのは良くないです。

ですが、現代社会。

寝る前にスマホをチェックしなければならない時だってあります。

 

そんなときは、ベットの上でスマホしなければいいんです。

 

ベットでスマホをやるのではなく、

リビングのソファーでスマホをやるようにすればOKです。

 

そして眠くなったらベットにGOすれば完璧です。

このように「場所の目的」と「行為」を一致させれば、睡眠の質は上がります。

 

これは、睡眠だけに言えることではなく、「勉強や仕事」でも活用できます。

私は家だと仕事に、集中できないのでカフェに行ったりしますね。

ベットの上には何も置かない

よくベットの上にぬいぐるみや、スマホを充電させながら置いている人がいますが、

あれも睡眠の質を低下させる要因の一つです。

 

人間も動物なので、レム睡眠の時はすぐに起きられるように、まわりの刺激に敏感になって寝ています。

そんな時に、ベットの上に布団以外のものがあると、「巣の中に敵がいる!」と脳が判断して目が覚めてしまう危険性があります。

 

「それを防ぐために、ベットの上には布団と枕だけ!!!」

 

これを徹底してください。

きっといつもよりいい眠りになると思いますよ。

まとめ

まとめ
  • 脳にベット=睡眠と認識させる
  • ベットの上でスマホや読書はしない
  • ベットの上には何も置かない

いかがでしたか?

今回話した、睡眠の質を爆上げする方法。

簡単なのでやろうと思えば、明日から…いや今日からできると思います。

ぜひ今日から試して効果を実感してください。

 

あなたの睡眠がもっと良くなりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です